お風呂で子供に英語を教える方法

2019-05-07子供への英語教育方法と教材紹介,子育て英語de楽しもう!!グローバル化,取り組み評価,子供教育,子供英語,英語環境

*本記事はすべて読むのに約9分かかります。緑枠の目次より読みたい箇所へお進みください。

現在、このブログ運営者自身は韓国語を勉強していますが、傍らで子供達に英語を教えています。

小職が子供達に英語を教えている方法を記事として書いてみたところ、ずいぶんと長くなったので、分割してシリーズ化しております。

我が家で実践した子供に英語を教えるための取り組みと、その取り組みの評価を小職の独断と偏見で行っております。このシリーズをこちらにまとめております。

できるだけ節約しながら子供に英語を教えたいので、取り組みにかかったコストについても書いております。

今回は子供に英語を教える取り組み第1弾です。
第1弾はお風呂でできる英語学習です。
我が家では防水のDVDプレーヤーを使って英語に触れさせています。

また、現在使用しているDVDプレーヤーと、DVDプレーヤー選定時の注意点もご紹介しています。

お子さまを英語に慣れさせなければ、と考えておられる親御さん方にお読みいただけると運営者は喜びます。

第0弾はこちら
→ 子供に英語を教えるに当たっての親御さんの心構えや、昨今の英語教育についての記事を書いています。

広告

1.子供に英語を教える取り組み第1弾

1-0. 取り組み内容の評価について

この「子供に英語を教える取り組みシリーズ」では、その取り組みを実践してみての評価をしようと思います!

評価項目は、「子供達からの評判」、「単語学習効果」、「文章学習効果」、「発音学習効果」、「コスト」で、各配点はそれぞれ20点です。
コストはコストパフォーマンスではなく、単純に金額が多くかかるものを低い点数、としています。
少しでも節約した取り組みの方が良いと思いますのでご参考にしてください。
総合得点(100点満点)も記載していきます!

1-1. お風呂でできる!英語の勉強 防水DVDプレーヤーアニメ編

総合評価 : 54点 /100点
子供達からの評判 : 15/20
単語学習効果 : 4/20
文章学習効果 : 12/20
発音学習効果 : 17/20
コスト : 6/20

我が家では子供達に英語に馴れさせるためにいろいろ取り組んでおりますが、まずはお風呂で英語に触れさせるところから始めました。

お風呂では、できるだけ英語で話すことを心がけていますが、その他にもDVDを見せるといいのではないか、と思い防水のDVDプレーヤーを購入しました。

我が家は女の子であることから、小さなプリンセスソフィアや、ティンカーベル、トイ・ストーリーやモンスターズインク、ファインディングニモなどを英語で見せています。
(→ DVDやブルーレイディスクに英語音声や英語字幕があるか確認する方法をこちらに、せっかく買ったDVDやブルーレイを子供たちに壊された経験から保管方法等を学んだ体験をこちらに記載しております。)

初めは「日本語にしてくれよ」的な視線を浴びましたが、完全に無視しました(笑)。
今では諦め、お風呂では英語で見ています。
気分は乗らない時は見ずに、お風呂で水遊びに励みます。

それでは、各項目の総評に移ります!

1-2. 子供達からの評判総評(第1弾)

こちらは20点満点中15点としました。

好きなアニメであるため、見るときはじっと見ます。
しかしながら、言っていることがわからないためか、途中で見るのを辞めてお風呂で水遊びを始めることも度々あります。
それがなければここは満点でも良いのですが。。。

ただ、興味を引くという点ではそれなりに有効です。
他の取り組みでもご紹介しますが、興味を示さず、モロにやらされ感が出ている取り組みもありますから。

1-3. 単語学習効果総評(第1弾)

こちらは20点満点中4点です。

この取り組みによって新たに覚えた単語は無いんじゃないか、とさえ思います。

子供は大人と違い、文章は単語一つ一つの組み合わせだ、なんてことを意識しませんし、アニメに登場する人物は次から次へとしゃべっていきますからね。
単語のみを聞き取る訓練にはなってはいなさそうです。

それでも感嘆詞みたいなものは短いからか、真似して発音することがあります。
外人が驚いたときとかに使う、「Uh-oh」とか「What!?」とかです。
これは外人レベルのイントネーションを発揮してくれます。

1-4. 文章学習効果総評(第1弾)

こちらは20点満点中12点です。

上記の単語学習効果があまりなさそうなのは予想通りではありました。
アニメDVDではこの文章学習効果を期待していたのですがあまり身に付いてはいないようです。

好きなアニメのキャラクターなのでセリフを真似してくれることを期待していましたが。

ネイティブの子供達が見るレベルですので、はっきり言って難しすぎますね。

それでも歌なんかは口ずさんでくれます。

例えば、小さなプリンセスソフィアのオープニングテーマに、「♪I’m so excited to be ~♪」というフレーズがありますが、ここは発音してくれます。

それ以外にも真似して歌ってくれる箇所がいくつもあります。
聞いたままに歌を追いかけていくのでほぼ言語にはなっていません。
それでも大人は恥ずかしくてこれできないな、と思って毎度感心します。
つくづく子供の学習方法には感心させられます。

こういった思いもしなかった効果があったので、単語学習効果より8点高い12点にしました。

1-5. 発音学習効果総評(第1弾)

1-5. 発音学習効果総評
こちらは20点満点中17点です。

かなりの高得点です。
これは結構効果があります。

ほぼ主題歌のおかげですが、日本語にはないRの発音や、appleのaに代表される、アとエの中間の発音が上手になります。
聞こえたままに発音しようとするので、大人より飲み込みが早いです。

おそらく歌を真似してると自然に舌の使い方がネイティブに似てくるためじゃないかと思います。
もっともっと見せてあげると効果が上がると期待しています。

1-6. コスト(第1弾)

ここは20点満点中6点です。

お風呂用の防水DVDプレーヤーがなければ、新たに買う必要がありますのでややお金がかかってしまいますね。
2. 我が家が使っている防水DVDプレーヤーで我が家が使っているDVDをご紹介していますが、中古で4,400円ほどしました。

ちなみにこれは2代目DVDプレーヤー君で、初代は3,500円ほどの新品でした(この額は新品としては奇跡です)。
よってうちは合計8,000円近くかかっています。

アニメDVDは購入はせず、節約のためレンタルしたものも多いです。
中古で買ったDVDも結構ありますので、お金はもっとかかっているでしょうか。

しかしながら、アニメDVDは夕食の支度をしているときにも使えたりするということで、英語のためだけに買ったわけではないので、評価点数からは除外しています。

1-7. まとめ(第1弾)

総合評価としてこの取り組みは54点となりました。

お風呂でアニメDVDを英語で見せる取り組みとしては、発音の上達には効果があると言えると思います。

継続して取り組んで行きますと、文章学習効果ももう少し出てくるかな、と期待しています。

ただ、防水DVDプレーヤーがなければ新規に調達になりますので、コストはまあまあかかってしまいます。
加えてアニメDVDにもお金がかかります。
DVDをすでにお持ちであれば、防水のDVDプレーヤーだけを購入されても良いのかな、と思います。

今回、第1弾でしたので他とは比べられませんが全体的にちょっと辛口評価にしたいと思っています。

ゆえに高得点をとった取り組みはかなりの効果が出るものになるはず??

参考までに下記に我が家が使っている防水DVDプレーヤーのご紹介と、プレーヤー選定時の注意点を書かせていただきます。

2. 我が家が使っている防水DVDプレーヤー

我が家は裕福ではないので、できるだけお金をかけずに学習させる方法を模索しています。

しかし、お風呂で使う以上防水は不可欠。
そのためお値段がそこそこはります。
下記が我が家で使っている防水DVDプレーヤー君です。

広告

3. プレーヤー選定時の注意点

防水DVDプレーヤー選定時の注意点としては下記かと思います。
上にある方が優先順位が高いです。

3-1. 価格は5,000円以下。できれば4,500円以下。

まずは防水DVDプレーヤーの相場ですが、5,000円以下であればまずまずです。
基本的にポータブルの防水DVDプレーヤーになると思います。
買っても子供らに壊される可能性が極めて高いので、価格にはこだわりましょう。

我が家のものは4,400円ほどで手にいれました。

ちなみに今使っているものは、上でも書きましたが、2代目のDVDプレーヤー君です。
初代はヤマダ電機の在庫処分、現品限りで3,500円を新品で手にいれました。
新品としてはかなり奇跡の金額です。

しかしながら、子供らはお風呂でプレーヤーを動かしたりするので、誤ってお風呂にボチャン。

水没により1年強で役目を終えて逝きました。

防水とは言え、水没には勝てません。
シャワーをかけるくらいは問題ないですが。

その後3,500円ほどの予算で防水DVDプレーヤーを探しましたが、全く見つからず、初代の価格は奇跡であることに気づきました。
現在、家電量販店で購入しようとすると安いものでも10,000円はするようです。
定番のアマゾンでも防水DVDプレーヤーは7,000円はしており、有名な企業から出ている製品は10,000円以上はしてしまいます。

価格についてまとめますと、今防水DVDプレーヤーをお持ちでなければ、4000円台前半のものは有力候補、4000円台後半のものはお財布と相談、4000円未満は「即買い」の相場感でよいと思います。
新品ではほぼ不可能な値段なので、中古になると思います。
ハードオフやメルカリなどで売っています。

メルカリでは引っ越し間近で売り切りたくて、たまにすごく安いものが出品されていたりします。

3-2. リモコン必須

防水に限らずポータブルDVDプレーヤー全般に言えることですが、リモコンが必要です。
英語で再生するので、その切り替えのために必須です。

DVDによっては電源を入れるとメニュー画面に進み、本体側のボタンで音声を英語に切り替えられる場合もありますが、基本的にこれはできないと考えておいた方が良いです。
次の3-3にも関係しますが、DVDプレーヤー本体のボタンは少ない場合が多いので。

中古で買う際は、リモコンがついているか、壊れていないか、を確認するとよいです。

3-3. 本体ボタンでの音量調節機能

これもあった方が良いです。
防水のポータブルDVDプレーヤーは本体にボタンが非常に少ないです。
安いものばっかり買っているせいだとは思いますが。
我が家の防水DVDプレーヤーをもう一度見てみましょう。

我が家の二代目DVDプレーヤー君は本体にボタンが三つあり、赤の丸が再生/一時停止、青の丸が音量の調整、になります。

音が小さかったり大きかったりしたときにわざわざリモコンで操作するのはめんどくさいです。

本体のボタンで操作ができれば子供が勝手に音量を調節しにかかります。

これに加えて、本体に巻き戻し/早送りの機能があったらより便利ですが、お金がかかるかもしれないので無くて良いと思います。

いかがでしたでしょうか。
お風呂で防水DVDプレーヤーを使ってアニメDVDを流す取り組みをご紹介しました。
発音には効果が見られますよー。

また、防水のDVDプレーヤー選定の注意点をご紹介しました。
お風呂のお供選びにご参考になさってください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

広告