韓国語の数字表一覧【漢数詞と固有数詞の重要性】

2020-04-25ご自身の語学習得に関して,韓国語学習に関して勉強準備,試験ノウハウ,韓国語情報

本記事では韓国語の数字について取り上げます。韓国語の数字には漢数詞と呼ばれるものと固有数詞と呼ばれるものがあります。

韓国語の数字に関して1つの記事にまとめようと思いましたが長くなってしまいましたので、2回に分けることにしました。今回は1回目で韓国語の数字の表をご紹介します。それと同時に数字の勉強って重要なの?という疑問に答えていきたいと思います。

とにかく韓国語の数字はどのように言うか知りたい!という方や数字が覚えられない!、韓国語の勉強を始めたてだけど数字の読み方は覚えるべきなの?という方に参考になると思います。

*本記事はすべて読むのに約10分かかります。緑枠の目次より読みたい箇所へお進みください

広告

1. 韓国語(ハングル)の数字一覧表

まず、始めに韓国語(ハングル)の数字一覧表を載せておきます。韓国語の数字には漢数詞と固有数詞がありますのでそれぞれ載せておきます※。このページをブックマーク等していただけると便利です。

※漢数詞と固有数詞については2回目の記事で解説します。2回目の記事は下記です。

漢数詞や固有数詞の詳細、数字の読み方や覚え方は下記に書いております!

1-1. 漢数詞の一覧表

まずは漢数詞の一覧です。冒頭でもお伝えしましたが、詳細は次回の記事(後編)にてご説明します。当記事では「素早く知りたい!」という方のため、一覧のみ早く見られることを優先しますね。

切れている場合は横にスクロールできます。

数字韓国語読み方 数字韓国語読み方 数字韓国語読み方 数字韓国語読み方
1 2 3 4
5 6 7 8
9 10 11십일シビ 12십이シビ
13십삼 14십사 15십오シボ 16십육
17십칠 18십팔 19십구 20이십イシ
30삼십 40사십サシ 50오십オシ 60육십
70칠십 80팔십 90구십クシ 100
1000チョン 10000マン 1億 1兆チョ
0공/영コン/ヨン

上の読み方の部分で、少し小さく書いているものは、パッチムと呼ばれるものです。パッチムについてはこちらのハングル(韓国語)のパッチム一覧にて解説しております。

1-2. 固有数詞の一覧表

続いて固有数詞の一覧です。 詳細は次回の記事(後編)にてご説明します。当記事では「素早く知りたい!」という方のため、一覧のみ早く見られることを優先しますね。

切れている場合は横にスクロールできます。

数字韓国語読み方 数字韓国語読み方 数字韓国語読み方 数字韓国語読み方
1하나
(한)
ハナ
(ハン)
2
(두)
トゥ
(トゥ)
3
(세)

(セ)
4
(네)

(ネ)
5다섯タソ 6여섯ヨソ 7일곱 8여덟ヨド
9아홉アホ 10 11열하나
(열한)
ヨラナ
(ヨラン)
12열둘
(열두)
トゥ
(ヨルトゥ)
13열셋
(열세)

(ヨルセ)
14열넷
(열네)

(ヨルネ)
15열다섯タソ 16열여섯ヨソ
17열일곱 18열여덟ヨド 19열아홉ヨラホ 20스물
(스무)
スム
(スム)
30서른ソルン 40마흔マフン 50 60예순スン
70일흔イルン 80여든ヨドゥン 90아흔アフン 100
1000チョン 10000マン 1億 1兆チョ

2. 韓国語(ハングル)の数字の重要性

本当はここから記事を始めたかったのですが、表が先に来た方がすぐに知りたいことを知れると思い、表を先に載せさせていただきました。

この記事の結論として、数字を覚える優先順位は基本的に高くはありませんが20までの漢数詞と固有数詞は覚えましょう!ということなのですが、ここで韓国語の数字の重要性について触れておきます。

韓国語の数字を覚える優先度は率直に言うと高くありません。読み方(≒発音の仕方)はわからなくても実害が出ることは少なく、漢数詞、固有数詞の10までを覚えておけばほぼ大丈夫です。それはなぜかご紹介します。

さて、韓国語を勉強する理由を考えてみると

  • 就職や留学のために使うから上達したい
  • 学校の単位取得等のため試験の点数が必要
  • 趣味 ← このブログの運営者はココ
  • 韓国ドラマやK-POPの台詞や歌詞の意味を知りたい

のどれかに当てはまるのではないでしょうか。この中のどのカテゴリーに属するかによって数字を勉強するべきかそうでないかが判断できます。

さて、少し話が変わりますが数字はどのように使うでしょうか。書面に書いてあるときは数字が記載してある場合がほとんどでしょう。例えば11個は、ハングルで書くと「열한개」ですが、このように書いてあることはまれです。「11개」と書くのが自然で、これなら読み方を知らなくても「あ、11個だな」と意味がすぐにわかります。

要はリーディングやライティングのときは数字の読み方なんてどうでもいい場合が多いのです(もちろん、열한개と書かれることもありますが)。なので数字を覚えていなくてマズイ状況になるのは、聞くときと話すとき、ということになります。

このことを踏まえて下記で各シチュエーションを考えてみましょう。

2-1. 就職や留学の場合

就職や留学では実際数字はどのように使うか考えてみます。まずは就職後に韓国語を使うことを考えてみましょう。

会社に入って数字を話すとき、聞くときはどんな状況でしょうか。

営業職で売り上げなどの数値報告をしたり聞いたりするときが代表例でしょう。

では、このときに数字を言えたり聞けたりする必要があるでしょうか。ご自身が発表者である場合、言えないとお話になりませんね。なので自分が話さなければならないときは必須です。

では聞くだけのときはどうでしょうか?おそらく会社の数値報告であれば書面、もしくはワードやパワーポイントの電子データが確実にあり、そこに数値が書いてあるでしょう。

なので聞くことができなくても大丈夫です。

では留学の場合はどうでしょう。

韓国の高校や大学などは日本の教育に近いところがあり、多くは座学でしょう。アメリカ留学なんかは発言しないと単位をくれない、ということがあるようですが、教育システムが日本と似ている韓国は授業中に発言をすることは少ないと考えられます。

なので数字も教科書に書いてあるものを読んだり、レポートとして書くのが中心になります。なので留学でも数字の読み方の優先順位は高くないと言えると思います(まぁ留学するレベルになっていると、使う使わないに関わらず数字の読み方はいつのまにか覚えているとは思いますが)。

2-2. 学校の単位取得等のため試験の点数がほしい場合

現在学生の方であれば、学校の単位取得のためにTOPIK(韓国語能力試験)などの点数が必要である場合もあるでしょう。この場合であっても数字を覚える重要性は大きくありません。

というのも、試験で数字が出る頻度は意外に高くないんです。特に固有数詞なんかは20以上の数字が出ることなんてほぼ無いと言ってよいでしょう。

これはなぜか?英語と韓国語の試験を何度も受けてきましたが2つ理由があると思います。

1つ目は、数字を聞き取るのは単純に難しいからです。英語でもそうなのですが、リスニングで数字が流れてしまうと、多くの受験者は数字を聞き取ろうと集中してしまいます。数字が流れてくると、受験者の脳は「あっ、数字が読まれてる。がんばれば聞き取れるはずだ!」と思ってしまうんです。でも実際のところ、数字の聞き取りって想像以上に難しいんです。数字が読まれると、人間は無意識に覚えるために復唱しようとしてしまうんですよね。

例えば日本語で「日本では消費税が導入されており、1997年に5%になりました」と言われれば、1997年も、5%も簡単に頭のなかで復唱できます。

問題はこれが韓国語で読まれてしまっても、日本語と同様
「전구백구십칠년」
を覚えるために復唱しようとすることです。頭のなかで「チョングベククシプチルリョン」を簡単に復唱できる人はなかなかいないですよね。そしてさらに厄介なのは、一瞬では復唱できなくても5~10秒かければ復唱できちゃうんです。このせいで数字が聞こえたら、わかるはず!と思ってしまい、少し時間をかけて覚えようとしてしまうんです。リスニングでひとつの単語に時間をかけてしまったら・・・もちろん次の単語を聞き逃すことになります。

こうして数字の次に来た単語が本来わかるものであっても聞き逃して点数ダウン、ってことになってしまいます。

これは受験者全員に起こってしまうことなので、数字の聞き取りの問題ばかりを出題してしまうと不正解が続発してしまう結果になります。なので出題者は数字を扱ったリスニングはあまり出題しないのだと思います。

もう1つの理由が、そもそも実社会で数字が聞き取れなくてもよい、と考えられているからです。

上の2-1 就職や留学の場合でも書きましたが、数字みたいな大事なものは、本来、口頭だけで伝達するものではなく、書面でも記載するのが普通です。特に就職後ではそうです。

なので試験の出題者も数字の聞き取り自体に重要性はあまり無い、と考えて多くは出題しない、という傾向があると思います。

ここまで挙げた2つの理由を考えてみると結局試験で点数が欲しい場合でも数字を一生懸命勉強する必要はない、ってことになります。

補足ですが、その証拠としてこのブログの運営者は2019年にTOPIK 6級を取りました※が、正直固有数詞の40以上はうろ覚えです。5年ほど韓国語を勉強していますが、率直に言って20以上の漢数詞や固有数詞を見たのは10回も行っていないと思います。

※こちらの【TOPIK 6級】合格体験記&対策にてご紹介しています。

仮に数字の聞き取りができなくては解けない問題が出題されたとしてもせいぜい1問でしょう。なので語学試験の点数が必要でも数字を覚えるのは後回しでよい、ということになります。TOPIKであれば数字の勉強をするより作文(쓰기)で60点を取る対策をした方が絶対有意義です。

韓国語を勉強する者としてどうしても!という場合は漢数詞、固有数詞双方を20まで覚えておけばよいです。

2-3. 趣味で韓国語を勉強している場合

ここは何から勉強するかは完全に自由なのがいいですね!趣味で韓国語を勉強するのであれば、数字を聞き取れるようになりたいなぁ、ということであれば数字を覚えることで満足感が得られます。

このブログの運営者はここのカテゴリーになりますが、趣味で勉強しているものの実力を試したくなって韓国語の試験(TOPIK/ハン検)に挑戦しています。

趣味で勉強されている方は気のおもむくままに勉強し、必要に感じたら数字の読み方を覚える、って感じでオッケーです。

2-4. 韓国ドラマやK-POPの台詞や歌詞の意味を知りたい

ここのカテゴリーに属する人がもっとも数字を勉強しなければならないかもしれません。というのも、ドラマや歌の歌詞って日常会話に近いんですよね。日常会話だと数字の理解ができない場合、のちのちの会話や歌詞の理解に大きな影響を及ぼしてしまうんです。

たとえば
「夜11時が門限なの」
「(レストランで)トマト50個発注しとけ」
「あの人はまだ43歳なのに部長よ」
なんて会話では、数字自体に焦点が当たっています。なので数字の聞き取りは重要です。この数字がわからなければ、ドラマの台詞や歌の歌詞のクライマックスで「ジーン」と来るところがちんぷんかんぷんになってしまう恐れがありますね。

ということで韓国ドラマやK-POPの理解を一番に考えている方は数字は勉強しておきましょう。

広告

3. 続きは後編で

漢数詞や固有数詞の使い方や覚え方なんかも扱いたかったのですが、記事がやたらと長くなると読む気が失せますので、続きは後編でご紹介します(後編はこちらの【読み方と覚え方】韓国語の数字をマスター!で漢数詞/固有数詞の読み方や覚え方、使い分けについて書いております)。

おわりに、韓国語の勉強に役立つ本ブログの記事を下記に宣伝させていただきます(笑)。韓国語の勉強を始められた方に参考になる情報がきっとあると思います。お時間のあるときにどうぞ!

さいごまでお読みいただきありがとうございました!

広告