英語、韓国語の敬語や丁寧語を比較!【多言語学習の豆知識】

2020-09-11語学学習の興味が湧く記事多言語学習,英語,韓国語

英語や韓国語などの外国語を勉強するときは、相手の外国人の方に対して失礼がないよう、丁寧語や尊敬語のような礼儀正しい言葉づかいを学ぶ方が多いのではないでしょうか。

そこで本記事では英語と韓国語の丁寧語と尊敬語について解説すると共に、英語と韓国語の違いなんかも紹介してみたいと思います。

英語や韓国語の礼儀正しい言葉つかいを学びたい方に参考になる記事ですが、多言語比較により言語学習のおもしろさなんかも感じていただけるとうれしいです!

*本記事はすべて読むのに約9分かかります。下記緑枠の目次より読みたい箇所へお進みください。

広告

英語/韓国語/日本語の尊敬語、丁寧語

英語や韓国語など、外国語を身に付けるとき、参考書などを使うと思いますが、だいたいは丁寧で礼儀正しい表現を学びます。韓国のように上下関係がはっきりしている地域では敬語を身に付けると、相手に好感が持たれやすい場合もあります。

特に社会人、大学の研究室に留学する場合など、目上の人と多く接することがある場合は尊敬語や丁寧語を中心に学ぶのが無難です。

そこで本記事では尊敬語、丁寧語に焦点を当てて解説します。英語と韓国語の違いなんかも混ぜていきます。尊敬語や丁寧語について知りたい方に参考になることはもちろん、多言語の比較っておもしろいなぁ、と思っていただけるとうれしいです!

まずは英語の尊敬語と丁寧語を見てみましょう。

広告

英語の尊敬語、丁寧語

英語での尊敬語と丁寧語を見るにあたり、次の例を見てみましょう。

会社に来た外国人来訪客とレストランで会食をする場面を想像してください。
Would you like sashimi?
もしくは
Would you like raw fish?
日本語訳:お刺身はいかがですか?

相手が日本のことを少しわかっているときは、sashimiで通じることが多いです。そうでない場合はraw fishとした方が伝わるように思います。

先ほどの表現、wouldを使っています。英語ではwouldやcouldを使うものが丁寧な表現となります。

wouldを使わない表現としては
Do you eat sashimi?
でもお刺身を勧める表現にはなり得ますが、
「お刺身は食べることができますか?」
「(日常的に)お刺身を食べたりしますか?」
に近くなり、wouldを使った表現に比べると少々くだけた印象になります。

また、尊敬語(目上の人に対する言葉づかい)という観点で考えてみると、英語は目上の人や外部の人にも
Would you like sashimi?
です。近しい人に勧める場合もWould you like sashimi?ですので区別がつかないです。

友達同士などではどう言うかも考えてみましょう。Wouldを使う方が丁寧になる、と書きましたが、Would you like sashimi?をタメグチにしたドンピシャリの表現はありません。

How about sashimi?
が近いですが、How about sashimiの尊敬語がWould you like sashimi?かと言われると微妙ですね。

英語は目上の人への言葉に対する考え方が日本語と違うので、「ある単語を尊敬語にするとこれ!」みたいに定まりません。結果として尊敬語/丁寧語/友達同士での表現が明確に分かれていないことが多いです。

広告

韓国語の尊敬語、丁寧語

韓国語での「お刺身はいががですか?」を考えてみます。
회는 어떠세요? (フェヌン オットセヨ?)
もしくは
회는 어떻습니까? (フェヌン オットッスムニカ?)
です。韓国語にはお刺身を表す単語があり、「회(フェ)」がそれに当たります。韓国語(ハングル)は下記の記事を読むとわかるようになります。

ご紹介した2つの文は尊敬語や丁寧語にあたり、目上の方や外部の方に使うことになります。

次に友達同士などで使う表現を見てみましょう。英語ではこれらをタメグチにする表現が見当たらなかったのですが、韓国語では明確にあります。
회는 어때? (フェヌン オッテ?)
日本語訳:お刺身はどう?

また、「お刺身は食べることができますか?/(日常的に)お刺身を食べたりしますか?」の意味であったDo you eat sashimi?にあたる韓国語もあります。

英語はこの表現は目上の人にも友達同士でも使えましたが、韓国語では目上の人と友達同士では表現が変わります。

目上の人への言い方、つまり尊敬語は
회를 먹을 수 있으세요?(フェルル モグル ス イッスセヨ?)
日本語訳:お刺身を食べることができますか?
もしくは
회를 드세요?(フェルル トゥセヨ? お刺身を召し上がりますか?)
となります。

タメグチでは
회를 먹을 수 있어?(フェルル モグル ス イッソ? 日本語訳:お刺身、食べれる?)
となり、英語とは違い、尊敬語とタメグチで言い方が異なります。

広告

日本語の尊敬語、丁寧語

日本語ではどうでしょうか?
上にすでに書いていますが、目上や外部の方に話す場合は
「お刺身はいかがですか?」
となり、タメグチでは
「お刺身、どう?」
と言うことが多いのではないでしょうか。

そして
Do you eat sashimi?
にあたる表現は目上や外部の方に話すときは
「お刺身は食べられますか?」
「お刺身は召し上がりますか?」
となり、タメグチでは
「お刺身、食べれる?」
といった感じでしょうか。

広告

尊敬語、丁寧語のまとめ

いかがでしたでしょうか?
英語、韓国語、日本語での尊敬語、丁寧語の表現をご紹介しました。

英語にも丁寧な表現があるにはあるのですが、日本語や韓国語のように1つの単語を尊敬語にする、という考え方がありません。

詳細は省いたのですが、実はここでは
日本語:食べる → 召し上がる
韓国語:먹다 → 드시다
で1つの単語が尊敬語になった表現になっているのです。

このように複数の言語を比較して違いを見てみるとおもしろいですよね!少しでも語学学習に興味を持っていただけると嬉しいです。

今回、尊敬語や丁寧語について英語、韓国語、日本語の違いを解説してみました。それ以外にも多言語を比較してわかることや多言語学習のメリットを下記でご紹介しています。ぜひのぞいてみてください!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

広告