【Podcast(無料)】NHK Worldで韓国語リスニングをする方法

2019-12-20ご自身の語学習得に関して,英語や韓国語を安く勉強する方法,韓国語の試験,韓国語学習に関してPodcast,スマホを使った勉強,リスニング,学習ノウハウ,安く,韓国語

*本記事はすべて読むのに約10分かかります。緑枠の目次より読みたい箇所へお進みください。

韓国語のリスニングを鍛える上で、みなさまどのように教材をゲットされているでしょうか。
本ブログの韓国語能力試験(TOPIK)の過去問を入手する方法の記事で韓国語能力試験(TOPIK)の過去問のダウンロード方法をご紹介していますが、これを使ってリスニングを向上させることも手です。

本を買ってきて付属のCDを聞きまくる!というのも手です。過去問のダウンロードにしても本の購入にしても音声&スクリプト(原稿)が手に入るので、わからない部分はすぐに確認することでリスニング力がグンと上がっていきます。

その他、当記事でご紹介するPodcast(ポッドキャスト)を使ってリスニングを鍛える方法もあります。この方法はスマートフォンがあれば無料で韓国語の音声をダウンロードすることもできますし、ブラウザ上でスクリプトを確認することも可能です。 非常におススメの方法ですので、参考にしてみてください! (こちらの【スマホ】韓国語(ハングル)キーボードの設定方法の記事でご紹介したように、スマホで韓国語を打てるようになればなお良しです!Kpediaさんなどのサイトですぐに単語を調べることができますからね。)

広告

1. 韓国語の会話体

語学学習の最大の楽しみは何と言っても、以前は全くわからなかった言語が聞き取れた瞬間の喜びです。その気持ちよさを味わえばハマってしまいます。しかしながら異国語を聞き取れるようになるためには相応の練習が必要になります。

異国語を聞き取るための練習をしなければならないわけですが、韓国語での会話体は大きく分けて3つあります。

  1. タメ口
  2. 略体上称形
  3. 上称形

1つ目のタメ口は日本語と同じ概念で、同級生や年下等、仲の良い人同士の会話で使われる会話体です。
2つ目と3つめは少々日本語の概念と違います。両方とも丁寧な表現になりますが、2つ目は「略体」とついているように、丁寧さが若干落ちます。その代わり少し距離が縮まった感を出すことができます。

3つ目はモロに敬語で、公式的な関係にある相手と話す場合やプレゼンで使われる言葉です。

2つ目は해요体(ヘヨたい)と呼ばれるもので、少し文法書チックに言うと活用の第三語基を取るものです。3つ目はこのブログで第四語基としてご紹介しているもので、합니다体(ハムニダたい)と呼ばれます。脱線しますが、これらは用言の活用と呼ばれます。下記の記事などで解説しています。

韓国語の用言の活用について

さて、話を戻します。例えば職場や学校の先輩に東京オリンピックについて説明しようとするとき、日本語では
「東京オリンピックについて説明します」
となります。

一方でプレゼン等の公式な場面において
「東京オリンピックについて説明します」
と言っても問題は無く、丁寧語の中での区別はあまりありません。

しかし韓国語では職場や学校の先輩に言うときは해요体を使うことが多く(합니다体の時もありますが)、プレゼンでは합니다体を使う、というのが一般的です。

まとめますと、韓国語会話を身に着けるに当たっては上記のどの会話体を身に着けたいか、によって聞くべき会話体が変わります。主に友達との会話で使うため、タメ口を身に着けたい場合はタメ口をたくさん聞く、仕事で使う場合は上称形(합니다体)をたくさん聞く、といった具合です。

韓国語能力試験等、試験での高得点化を目指したい場合は上称形を多く聞くのが効果的です。試験での多くは上称形だからです。

また、リスニングを進める上では必ず聞き取れない単語が出てきますので、何と言っているのかをチェックできるよう読まれた内容が原稿(スクリプト)として閲覧できるようなものを選ぶことも重要です。

そこで本記事ではニュースを通して韓国語の上称形(합니다体)をたくさん聞く方法をご紹介します。読まれた原稿もチェックすることができます。Podcast(ポッドキャスト)を使った方法ですので、通信できるスマホをお持ちであれば、完全に無料で聞くことができます。
Podcastって?という方は本ブログの下記の記事をご覧くださいませ。

Podcastについてもう少し詳しく書いています。

2. NHK world Japanについて

Podcastは様々なものが公開されていますが、今回ご紹介するのはNHK World JapanのPodcast(ポッドキャスト)です。NHKが運営しているので質は確かなものと言えそうです。

NHK World Japanは主に外国人向けに作られたものです。多くのコンテンツは英語ですが韓国語もありますので、これを利用することで韓国語のリスニング訓練をすることができます。

NHK World Japanでは日本のニュースを英語で紹介したり、比較的優しい日本語を英語で教えたり、といった内容があります。韓国語も同様で、主に日本関連のニュースを韓国語で伝えたり、日本語を韓国語で教えてくれたりする、といった内容になります。韓国語のニュースは一回当たり10分弱であることが多く、長さがちょうど良いので非常におススメです。ただ、レベルは非常に高いですが。

このようなコンテンツですので、推察するに日本に住んでいる外国人(韓国語のニュースなら日本に住んでいる韓国人)が主なリスナーなのではないでしょうか。

広告

3. 韓国語のニュースを無料で聞く方法

少し前置きが長くなりましたが、NHK World JapanのPodcast(ポッドキャスト)を聞く方法をご紹介します。必要なものはスマートフォンです。通勤や通学中に聞かれるのであればイヤホンもあった方がよいです。下記でご紹介しているものが巻き戻しや曲送り、音量調節等が快適に行えておすすめです。

3-1. Podcast&Radio Addictとは

Podcast(ポッドキャスト)を聞くためには専用のアプリがあった方が良いです。Podcastはブラウザ上で聞くこともできますが、巻き戻しがしずらいですし、音声のダウンロードができるかどうかもわからないからです。

専用アプリであればその点を解決できます。もしPodcastのアプリで使い慣れたものがあればそれをお使いいただいた方が良いです。もしなければPodcast&Radio Addictをおススメします。

操作がわかりやすいのと、ボタン一つで巻き戻すことができる機能がついていて語学学習にはうってつけです。しかもそのボタンで何秒巻き戻すかを好きに設定することができますので非常におススメです。WiFi環境がある状態で音声をダウンロードしておき、好きな時に聞くというのが良いと思います。

Podcast Addictは有料版と無料版があります。無料版は結構広告が表示されますが、気になるほどではないと思います。個人差はあると思いますが。

AndroidスマホであればGoogle playにて「Podcast Addict」で検索をかけていただければすぐに見つかります。iPhoneは・・・すみませんわかりません・・・

3-2. Podcast&Radio Addictの設定

まずはPodcast&Radio Addictをスマートフォンにインストールし、アプリを立ち上げてください。すると下記の左の図のような画面になります。

Podcast&Radio Addictの起動画面(左)と「ポッドキャスト」タップ後の画面(右)

起動画面では、設定は何もしていませんので「まだ何も登録していません」といったメッセージが出ますね。ここで①の赤四角で囲ってある「ポッドキャスト」部分をタップしてください。すると右側の画面に移動します。
続いて②の「RSS」部分をタップしてください。すると下記の左の図のような画面になります。

RSSフィードURL入力画面(左)とURL入力後の画面(右)

この画面は、Podcastの音声があるURLを入力します。下記のURLをコピーし、右側の画面のように入力してください。赤四角の③の部分です。図ではURLの左側が切れてしまっていますけど。
https://www3.nhk.or.jp/rj/podcast/rss/korean.xml

URLを入力されましたら「追加する」をタップしてください。すると下記の左の図の画面になります。

RSSフィードURL入力後の画面(左)とエピソード選択後の画面(右)

この画面でNHK WORLD RADIO JAPANの記載が確認できますね。赤い四角の部分(④)に最新の回のニュースが表示されていますね。(2019年)6月14日の20:00に配信されたニュースのようです。この④の赤四角部分をタップしてみましょう。
すると右側の画面に移動します。ここではこの回のニュースの詳細が確認できます。13分57秒のニュースで、音声は6.39MBのようですね。この画面で再生しても良いのですけれど、ダウンロードした方が毎回通信する必要がなくなりますのでダウンロードをしてしまいましょう。できればWiFi環境が望ましいです。⑤の赤四角で示した下向きの矢印部分をタップするとダウンロードができます。ダウンロードが完了すると下記の左の図のような画面になります。

ダウンロード完了画面(左)とメニュー表示画面(右)

水色四角(⑥)で囲った部分のマークが表示されているとこの回のダウンロードが完了した証拠です。ダウンロードしたものはまとめられますので、その部分の閲覧方法を合わせてご紹介しますね。この画面の左上の⑦の赤四角部分をタップしてください。すると右側の画面のようなメニューが表示されます。

右側の画面で「ダウンロード済みエピソード」の項目があります。赤四角の⑧の部分です。ニュースをダウンロードしていくとここに保存されていきます。試しにこの部分をタップしてみましょう。

ダウンロード済みエピソード表示画面(左)とそのエピソード選択画面(右)

すると先ほどダウンロードした13分57秒で6.39MBのニュースが表示されていますね(左の図)。ここでこのニュース(⑨部分)をタップすると右側の図になりますので、⑩の赤四角で囲った部分をタップすると再生が始まります。

これで韓国語のニュースをPodcastで聞けるようになりました。続いて巻き戻しの設定を紹介します。デフォルトでは巻き戻しの一回タップでは15秒戻ります。この値は好きなように変更できます。ちなみに小職は7秒に設定しています。先ほどの図で⑪のメニュー画面をタップします。

メニュー画面(左)とポッドキャストホーム画面(右)

メニューよりポッドキャスト(⑫赤四角部分)を選び、表示される右側の画面で設定(⑬赤四角部分)をタップしてください。するとさまざまな設定項目が表示されますので下記のように進んで行ってください。
アプリの設定 > プレーヤー > プレーヤーコントロール
このように選んで少し下へスクロールすると下記のような「前へジャンプする」という項目があります。これがデフォルトでは15s(15秒)に設定されていますので、⑭部分のスライダーを左右に動かしてお好きな秒数に設定してください。1秒~300秒の間で設定することができます。ちなみにその下に「先へジャンプする」の項目があり、こちらは早送りをタップしたときに進む時間です。必要であればこちらを設定いただくとよいです。

プレーヤーコントロール設定画面(左)と再生時の画面(右)

右側の図が再生中の画面になりますが、⑮赤四角で囲った部分が巻き戻しを行う部分です。ここを一度タップすることで今設定した分の秒数を巻き戻すことができます。この設定のおかげで結構ロスなく韓国語を聞き返すことができます!

3-3. NHK World Japanの韓国語のスクリプト(原稿)

NHK World Japanの韓国語のスクリプト(原稿)は下記にあります。一つの回のスクリプトが1ページにまとまっているのではなく、複数のURLに分散されています。
https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/ko/news/

ご自身がダウンロードした回がどれかを調べるには上記ページの「*시간 전(*時間前)」のところを見ましょう。何時間前に配信されたものなのかが表示されていますので、ここを見ていただいて該当のスクリプトにたどり着くようにしましょう。

こちらのページ、注意点があり新しいものからどんどん追加されていってしまいます。古いものは一覧からいなくなってしまいますので、油断すると聞いていたスクリプトが無くなっている!なんて事態になってしまいます。が、大丈夫です!スクリプトのURLは
https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/ko/news/163373/ (←2019年7月17日追記 時間が経過するとスクリプトのURLがNHK Worldのページから削除されます。そのため現在はこのページはありません。)
のような
https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/ko/news/番号/
という形になっていますので、ニュースをダウンロードしたらこの末尾の番号を控えておけば一覧からなくなってしまったあとでもスクリプトをチェックすることができます。

4. まとめ

いかがでしたでしょうか。
スマートフォンさえあれば韓国語のリスニングの良質な訓練が、なんと!無料で行えるのです。

NHK World Japanの難易度ははっきり言って高いです。韓国語能力試験6級を持っていても簡単に聞き取れる内容ではなかったりします。が、ネイティブと同じスピードで합니다体で話しているので試験対策には非常に有効です。

ぜひ試してみていただき、韓国語の検定試験に備えましょう!下記に韓国語の試験について書かせていただいております。

また、韓国語の勉強に関して下記でいろいろ書いております(特にスマホを使って勉強する方法)。参考になる情報があると思いますのでお時間のあるときにぜひご覧ください。

最後までお読みいただきありがとうございました!

広告