広告

TOPIK6級取得者がおすすめする韓国語(ハングル)勉強方法まとめ【スマホを使って】

2021-05-23ご自身の語学習得に関して,外国語試験関連,韓国語の試験,韓国語学習に関してスマホを使った勉強,勉強準備,学習ノウハウ,韓国語

韓国語の勉強を始めたいとき、どのように勉強していったらよいか迷いますよね。

勉強するなら効率良く勉強したいし、でも効率を追求しすぎると、勉強を始める前の調査に時間をかけすぎちゃったりして結局始められない、なんてこともあります。

本ブログでは独学で韓国語能力試験(TOPIK)の最高級である6級を取得したしがないサラリーマンが、韓国語の勉強に関する情報を公開させていただいております。今はスマホというとても便利な道具があるので、スマホを用いて効率的に勉強する方法なども記事にしています。本記事を参考にしていただき、ご自身に合った勉強方法が見つかるとうれしいです!

広告

韓国語の勉強の始め方に迷ったら

当記事では韓国語の勉強方法についていろいろ書いていきますが、そもそも韓国語の勉強って何から始めたらよいの??なんて疑問もあることと思います。そんな疑問には下記の記事で答えていますので、韓国語の勉強をこれから始める方、始めたばかりの方はまず下記を見てみてください!

広告

当ブログがおすすめする勉強方法

さて、本題に入りましょう!

韓国語に限らず語学を勉強していくと、なんらかの試験で実力を試したくなります。いやいや、そもそも留学や学校の単位のために試験の点数が必要だから!と言う方もいらっしゃると思います。

どちらにしろ韓国語の勉強は試験を受けながら進められるのがよいのでは、と思います。このブログの運営者は韓国語能力試験(TOPIK)を多く受けましたので、TOPIKを基準に勉強手順をご紹介しますと、
①4級取得(中級)※までは市販の教材や当ブログなどのサイトを使い基礎を固める
②5級を目指す頃に過去問/ニュース/新聞などで勉強する
③ ①と②で勉強しているときに中級以上の言い回しをメモっておく
④듣기か읽기、又は両方で80点を突破したらひたすら쓰기対策。③で作ったメモを覚える
という風に進める方法をおすすめします。

※韓国語能力試験(TOPIK)は6級が最も難易度が高い試験です。

特に今ならスマホを使って効率よく勉強ができますので、『スマホを使っての韓国語勉強』を実践するための方法、ツールを下記でご紹介していきます。

広告

当ブログの運営者が使った本、参考書

当ブログの運営者はしがないサラリーマンですが韓国語能力試験(TOPIK) 6級を取得しております。一応最高級を取得したこのブログの運営者が使った本を下記の記事でご紹介しています。

また、TOPIK 6級取得の体験談をご紹介した記事の「3-2. 純粋な実力の向上」部分でもご紹介しています。本のご紹介以外にも韓国語能力試験(TOPIK)の対策や、点数アップに具体的に必要なものはなにか、どんな参考書を選んだらよいか、についても書いております。

広告

語学の勉強では単語を覚える順番がある

韓国語を勉強するに当たって単語の習得は欠かせません。やるなら効率よく、成長を実感しながらやりたいですよね?韓国語に限らず語学の勉強では単語を覚える順番があり、下記の記事で解説しています。英語と韓国語両方を使って解説していますのでどちらの学習者にも参考になることが書いてあると思います!

広告

韓国語(ハングル)の単語の法則&覚え方

韓国語の単語を覚える上で、日本人であることは有利だったりします。日本人、というより漢字の意味がわかると有利なんです。欧米人であっても漢字の意味がわかると有利ですし、おそらく中国人も有利でしょう。韓国語の単語には、漢字語と呼ばれるものがあり、これは漢字一文字がハングル一文字に相当している語句のことを言います。例えば「단(タン)」というハングルには漢字の「団」や「単」といった意味があります。漢字語ではないものも多くありますが、韓国語の単語はこの漢字語を覚えるのがコツです。その辺り、下記の記事で書いております。

韓国語の漢字語や固有語については下記でさらに詳しく書いています。お時間のあるときに!

韓国語(ハングル)の単語のおすすめ勉強方法

韓国語に取り組もうと思うと、やはり語彙力アップは欠かせません。みなさん、単語の勉強はどのようにされていますか?単語集の本を買ってきて暗記するのはとても効果的ではありますが、反面、挫折もしやすいです。その理由についてご紹介するとともにスマホを使った効果的な勉強法を下記の記事で書いております。

韓国語の勉強ノートを作ろう!

韓国語を勉強するにあたり、自分がわからなかったところをノートにメモしながら進めていくと便利です。ノートを見返すだけで一度つまづいたところのみを確認できますからね!下記で紙のノートやスマホで勉強ノートを作る方法をご紹介しています!

スマホで韓国語(ハングル)を勉強するのに必要な設定

スマホは便利で、ネットを使えば辞書代わりにいくらでも情報を仕入れられます。でもその前提として、韓国語をスマホで勉強する場合、韓国語を打てる設定を知らなければなりません。

上の2つリンク(単語の勉強方法と勉強ノートの作り方)の実践についても、韓国語を打てるようにしないといけないんですよね。せっかくですのでスマホやパソコンで韓国語を打てるようになってしまいましょう!下記の記事ではスマホで韓国語を打てるようにする設定について書いています。スマホユーザーは必見です!

Androidの方↓

iPhoneの方↓

スマホやパソコンでのハングルキーボードの配置&打ち方

上記、スマホでハングルを打つ設定に関するものでした。もう1つ、重要な韓国語勉強準備として韓国語キーボードの配置を知っておく、というものがあります。下記で配置と打ち方をご紹介しています。

韓国語を書いたり打ったりして間違いがないか添削してもらうのがおすすめ!

ここまでを実践いただくと韓国語が少しわかるようになってきます。そうなると実際に韓国語を打ってみたくなったり、書いてみたくなります。ぜひどんどん書きましょう!でも書いたものが合っているのかはわからないですよね?下記でご紹介する韓国語の添削を使えば合っているか確認できたり、間違いを直してくれるのでおすすめです!実際にこのブログの運営者が使ったものもありますので試してみてください!今はスマホで打ったものでも添削してもらえますよ!

日記をスラスラ書けるようになるために普段からつまづいた単語や表現をメモって行きましょう!スマホのジェスチャーナビゲーションを使ったり、当ブログの運営者がおすすめする図ラウザ等を使えばスマホへのメモ書きが素早く行えるようになります。下記でジェスチャーナビゲーションやブラウザについてご紹介しています。

勉強教材として韓国語能力試験(TOPIK)の過去問を使おう

さらに慣れてくると韓国語能力試験(TOPIK)の過去問を使う方法がオススメです。TOPIKは韓国政府(教育省)が唯一認定・実施する韓国語のテストです。なので使われている語彙は確かなものですし、韓国語の資格としての知名度は抜群です。下記で過去問の入手方法をご紹介しておりますのでぜひご一読ください。

韓国語能力試験(TOPIK)の音声ファイルをスマホで解凍する

上記で勉強教材としてTOPIKの過去問を無料で入手する方法をおすすめしました。TOPIKはリスニング(듣기)があるため、音声ファイルもダウンロードできます。しかしその音声ファイルはzip形式でダウンロードすることになります。パソコンだとダブルクリックや右クリックで解凍できます。スマホでも解凍してその後音声ファイルをすぐに聞くことができます。そのやり方を下記で書いております。

パソコンの音声ファイルをスマホに入れて聞く!

韓国語能力試験(TOPIK)の音声なんかのzipファイルをスマホで入手する場合は上の方法で行けますが、すでにパソコンに語学の音声ファイルがある場合、それをスマホに入れて通学や通勤で聞く、なんてのもとてもよい方法です。ウィンドウズであればwindows media playerを使ってスマホに音声ファイルを入れて聞けます!下記でその方法を解説しています!

リスニングのファイルやCDがmp3だったら

最近の語学関連の本を購入したときはmp3形式のリスニングファイルをダウンロードしたり、付属のCDがmp3 CD ROMだったりすることがあります。このmp3の音声ファイルをどうすれば聞くことができるか、パソコンやスマホにファイルを転送する方法なんかを下記記事でまとめています。

音楽配信アプリを使ってK-POPで韓国語を勉強する

パソコンの音声データやmp3のデータをスマホに入れて勉強する方法を上でご説明しましたね。それ以外にも音楽配信アプリを使ってK-POPを聴くことで韓国語を勉強することができます!歌詞追従機能もありますので、K-POPの歌のスピードで韓国語がわかればかなりの読解力ですよ!

音楽配信アプリは多くの種類がありますが、下記目Spotifyを使ってK-POPを聴く方法をご紹介しています!

楽天ミュージックを使った方法も下記でご紹介しています。

韓国語の日常会話を独学で身に付ける

さきほど韓国語能力試験(TOPIK)の過去問を使った勉強方法のご紹介をご紹介しましたね。試験のようにカッチリした文章はこれで勉強できそうです。では日常会話はどうでしょうか?勉強する方法をご存じですか?もっとも良いのは韓国人と会話をすることです。でも身近に韓国人がいる方って多くはないですよね。このブログの運営者もそうです。そこで韓国語の日常会話を勉強する方法を考えてみました。ここでもなんと!韓国語能力試験の過去問が登場します。詳しくは下記の記事を見てみてください!

韓国語のリスニング対策におすすめのpodcast(NHK World)

韓国語のリスニング対策としてはpodcastを使う方法があります。podcastはスマホのpodcastが聞けるアプリで設定をすれば、無料で聞くことができる音声配信サービスです。通勤や通学時に抜群の教材として活躍してくれることでしょう。韓国語のpodcastは結構数がありますが、その中でもスクリプトが用意されているNHK Worldの韓国語ニュースがおすすめです。下記でその設定方法などをご紹介しております。※韓国語としての難易度は高めです。

通勤通学中のリスニング学習に最適なイヤホン

NHK WorldのPodcastにしてもTOPIKの過去問のリスニングにしてもスマホで韓国語を聞くのであれば、どんなイヤホンを使うかで勉強効率が変わります。当ブログの運営者は10年以上通勤通学で語学の勉強をしており、いろいろなイヤホンを使ってきました。その中でもっともリスニングにおすすめのイヤホン1選を下記の記事でご紹介しています。巻き戻しや曲戻しが快適に行えるので勉強効率が上がりますよ!

英語で韓国語を勉強する方法

さいごに、需要があるかわからない方法をご紹介します(笑)。日本にいながら英語で韓国語を勉強したいと思ったことはありませんか?当ブログの運営者はあります。韓国語の勉強を始めた当初、英語を忘れたくなくて英語で韓国語を勉強する方法を調べた結果、それは可能でした。Talk To Me In Koreanという団体(会社?)が英語で韓国語を解説した教材や、You Tubeで英語で韓国語を解説したりしてくれています。下記でその詳細を記事にしております。

いかがでしたでしょうか。このブログの運営者がやっていることを具体的にご紹介してみました。参考になった!試してみよう!と思われたものが1つでもあればうれしいです。

これで勉強方法についてはバッチリですね!実際に勉強を進める上では下記の記事もご参考になることが書いてあると思います。お時間のあるときにのぞいてみてください。

さいごまでお読みいただきありがとうございました!

広告