ハングル能力検定試験の結果確認方法【合格発表/合格基準】

2020-12-18外国語試験関連,韓国語の試験ハングル能力検定,試験ノウハウ,韓国語試験

ハングル能力検定試験の結果確認方法をまとめておきたいと思います。ついでに各級の合格基準についてもまとめています。

ハン検の結果については、正式な合格発表を待つのが最も正確ですが、事前に点数を把握することが可能です。そのあたりについて書いています。

ハングル能力検定試験は韓国語能力試験(TOPIK)とは異なる試験です。TOPIKについては下記をご覧ください。

*本記事は約2分で読める記事です。下記緑枠に目次を用意していますので読みたい箇所へお進みください。

広告

ハングル能力検定試験の結果確認方法

ハングル能力検定試験(ハン検)は結果をすぐに確認できることがメリットです。試験を受けると結果が気になりますからありがたいですね!

ハン検は午前中に2級、3級、5級の試験を実施し、午後に1級、準2級、4級を実施します。試験が終わったら、当日中に解答を発表してくれます。

ハングル能力検定試験は問題用紙の持ち帰り&問題用紙へのメモがOKなので、ご自身の解答を書き込んでおけば、あとは解答を見て自己採点ができます。

解答には配点も記載されています。なのでマークミスさえなければ自己採点通りの結果が返ってくることになります。

さて、肝心の解答はハングル能力検定協会の公式ページの下記に掲示されます。

https://www.hangul.or.jp/siken-top/pastexam/

ちなみにツイッターでも解答が公開されます。

広告

ハングル能力検定の合格基準

ハングル能力検定試験の合格基準は級によって異なります。下記に表にしました。

切れている場合は横にスクロールできます。

ハングル能力検定試験の合格基準
合格基準備考
5級60点聞き取り40点満点、筆記60点満点。
総合60点を取っていても聞き取りを受けていないと不合格
4級60点聞き取り40点満点、筆記60点満点。
総合60点を取っていても聞き取りを受けていないと不合格
3級60点聞き取り40点満点中12点以上、筆記60点満点中24点以上がなければ総合60点を取っていても不合格
準2級70点聞き取り40点満点中12点以上、筆記60点満点中30点以上がなければ総合70点を取っていても不合格
2級70点聞き取り40点満点中16点以上、筆記60点満点中30点以上がなければ総合70点を取っていても不合格
1級
(1次)
70点聞き取り40点満点中16点以上、筆記60点満点中30点以上がなければ総合70点を取っていても不合格
1級
(2次)
S,A,B約15分の面接

広告

ハングル能力検定の合格発表

自己採点をして、上記の点数を越えていれば合格です!でも、どうしてもマークミスの可能性はありますね。マークをしたつもりでも正しく読み取ってくれなかったかもしれません。

なので正式な合格発表がなければ安心はできません(笑)。ハングル能力検定は2~5級は約1ヶ月で結果や合格/不合格の通知をしてくれます。1級の1次試験は2週間弱で通知してくれます。

ちなみに正式な合否は郵送で通知してくれます。下記のような書面です!

ハングル能力検定の成績通知票
ハングル能力検定の成績通知票

落ちてるんかい!まだ2級受かってません……(涙)

広告

さいごに

ハングル能力検定試験の結果確認や合格発表などについてご紹介しました。

当ブログでは韓国語の試験や勉強についていろいろと記事にしています。下記、ハン検に関しての記事、勉強方法に関しての記事の一部を宣伝して終わります(笑)。

☆ハングル能力検定試験に関して

☆韓国語の勉強に関して

さいごまでお読みいただきありがとうございました!

広告