【TOPIK 成績発表日】結果はいつわかる?成績の有効期限や証明書は?

2020-06-26ご自身の語学習得に関して,外国語試験関連,韓国語の試験,韓国語学習に関して学習ノウハウ,韓国語,韓国語情報,韓国語試験

韓国語能力試験(TOPIK)の成績発表日はいつかご存じですか?結果がいつわかるかの日程について試験監督官の方が教えてくれるときもありますし、教えてくれないこともあるんですよね。

また、韓国語能力試験の成績の有効期限はいつまでか、証明書はどうやって入手するかについても気になるところです。実は成績証明書は韓国語能力試験(TOPIK)の公式ページで入手できたりするんです。

そこで本記事では韓国語能力試験(TOPIK)の結果の発表日はいつなのかを調べる方法、成績の有効期限、成績証明書をネットで入手する方法をご紹介しようと思います!韓国語能力試験(TOPIK)ってなに?という方は下記記事をご覧ください!

韓国語能力試験(TOPIK)について解説しています!

*本記事は約4分で読める記事です。緑枠に目次を用意していますので読みたい箇所へお進みください。

広告

1. TOPIKの結果(成績)発表日

冒頭の通り、ここでは韓国語能力試験(TOPIK)の結果発表日の調べ方をご紹介します!受験日当日に結果発表日を試験監督の方が教えてくれるときと教えてくれないときがあるんですよね。教えてくれなくてもご自身で結果の発表日を調べられますので安心してください!

まず、結論としては下記のページに記載があります。本場韓国の한국어능력시험(TOPIK)のページで、韓国語表示です。この公式ページ、左上に言語を選ぶメニューがあり、英語にもできそうなんですが、英語に設定してもあんまり英語になってくれません。なので韓国語で閲覧する必要がありそうです。

http://www.topik.go.kr/usr/cmm/subLocation.do?menuSeq=211010201

さて、このリンク先の下の方に成績発表日について2019年分は下記のように記載されていました。

☆が日本での実施回です

※切れている場合は横にスクロールできます

2019年分第62回第63回☆第64回第65回☆第66回☆第67回
試験日2019.01.13(日)2019.04.21(日)2019.05.19(日)2019.07.07(日)2019.10.20(日)2019.11.17(日)
成績発表日2019.01.31(木)2019.05.30(木)2019.06.27(木)2019.08.01(木)2019.11.28(木)2019.12.19(木)

また、2020年分は下記のように記載されています。

2020年分第68回第69回☆第70回☆第71回第72回☆第73回
試験日2020.01.12(日)2020.04.12(日)
2020.05.24(日)
2020.05.24(日)
2020.07.12(日)
2020.07.12(日)
2020.08.23(日)
2020.10.18(日)2020.11.15(日)
成績発表日2020.02.05(水)2020.06.30(火)2020.08.20(木)2020.09.29(火)2020.11.26(木)2020.12.24(木)

試験日と成績発表日について、2019年は試験日が日曜日で、成績発表日は木曜日でしたが、2020年は違いますね。コロナウイルスの影響で日程が後ろ倒しになった影響かもしれないですね。

試験監督官の方が成績発表日を伝えてくれなくても、このように公式ページで発表日を確認することができます。

ここでは成績発表日について解説させていただきましたが、実際に発表日当日の結果確認も公式ページからできるようになっています。その方法については下記の記事で詳しくご紹介しています。合わせてご覧ください。

2. 成績証明書の有効期限

韓国語能力試験(TOPIK)の成績の有効期限は、2020年6月現在、「成績発表日から2年」です。ですので、例えば第65回(2019年7月7日実施回)の成績の有効期間は、成績発表日が2019年8月1日なので、2021年7月31日ということでしょう。

有効期限については↓のURLに記載があります。今後この有効期限が変更される場合にはこのURLに記載されると思いますので、最新情報を知りたい場合はチェックされるとよいと思います。

http://www.topik.go.kr/usr/cmm/subLocation.do?menuSeq=2110101

広告

3. 成績証明書の入手方法

続いて成績証明書の入手方法です。
成績証明書は韓国語能力試験(TOPIK)を受験すると二か月後くらいに合否に関わらず送ってくれます。それを待つ、というのがオーソドックスな入手方法です。

ただ、それ以外にも成績証明書を入手する方法があります。スマホではできず、パソコンで行う必要があり、成績の有効期限内の証明書のみ発行が可能です。

パソコンで成績証明書を入手するには、まず証明書の発行申請をしてから出力する、という手順になります。申請をしてから発行まではタイムラグがありませんのでご安心ください。申請後、すぐに出力できます。

必要なものは下記です。

  • 受験した実施回とそのときの受験番号
  • 受験受付の時の生年月日情報

まず↓のURLより申請をします。
http://www.topik.go.kr/usr/cmm/subLocation.do?menuSeq=2110402″>http://www.topik.go.kr/usr/cmm/subLocation.do?menuSeq=2110402

韓国語能力試験(TOPIK)の成績証明書申請画面
韓国語能力試験(TOPIK)の成績証明書申請画面

上図にも示しておきましたが、一番上に成績を確認したい実施回を、その実施回の受験番号を二番目の欄に、三番目の欄に生年月日をそれぞれ入力し青いClickボタンを押すと申請は完了です。
次に「成績証明書出力(성적증명서 출력)」を押します(下記左側)。

韓国語能力試験(TOPIK)の成績証明書出力画面
韓国語能力試験(TOPIK)の成績証明書出力画面

すると先ほどと似た画面になりますが、上の方が「출력(出力)」に変わっています。この画面で先ほど入力した、実施回、受験番号、生年月日を入力し、青いClickボタンを押します。

韓国語能力試験(TOPIK)の成績証明書出力画面2
韓国語能力試験(TOPIK)の成績証明書出力画面2

すると上記のような画面になります。小職は第60回を受験しましたので第60回の証明書を出力できます。途中赤枠で囲った部分の枚数を指定するところがありました。
パソコン上で何枚も出力する必要ってあるのかな?と思いつつ1枚で設定しましたが、この値、一度設定すると変更できないみたいです。1枚で設定していても何回でも出力できます。

枚数を設定後、Printボタンをクリックすると下記のような必要ソフトのダウンロードなどが始まりますが、放っておけば数分で自動的に証明書が表示されます。ちなみに小職はWindows8.1で試しましたが問題なく出力されました。

成績証明書出力中の自動設定や自動インストール画面
成績証明書出力中の自動設定や自動インストール画面

以上で成績証明書の出力は完了です!

4. まとめ

韓国語能力試験(TOPIK)の成績発表日をネットで調べる方法、成績の有効期限、成績証明書の出力方法について解説させていただきました。

受験すると結構結果が気になるんですよね。ちなみにこのブログの運営者の結果はこちら↓

このブログの運営者のTOPIKの点数やTOPIK対策がわかります!

本ブログでは韓国語能力試験(TOPIK)や韓国語の勉強に関する記事を多く書かせていただいております。下記にリンクを貼っておきますのでご興味のある記事がおありでしたら覗いてみてください!

韓国語の検定(TOPIK/ハン検)関係

その他、韓国語の勉強に関する記事も多く公開させていただいております。お時間のあるときにお読みください!

最後までお読みいただきありがとうございました!

広告