広告

IVE(アイヴ)の新曲やメンバーの韓国語の書き方、読み方をご紹介します

K-POPの歌詞から韓国語を学ぶ!K-pop,歌詞,韓国語

IVE(アイヴ)の新曲の歌詞の日本語訳や読み方、メンバーの韓国語(ハングル)の書き方や読み方をご紹介する記事です。

IVEは上の図でも書いた通り、육인조です。さて、육인조とはなんでしょう(早く知りたい!という方は目次より飛んでください)。

IVEの楽曲やメンバーの韓国語表記の読み方とともに解説していきます。

広告

IVEの新曲について

当ブログではIVEの新曲について、歌詞の和訳や読み方を紹介する記事を別途公開し、随時更新をしています。

新曲以外の曲も取り扱っています。新曲はこちらのすぐ上にあるリンクが新曲です!!

広告

IVEのメンバーの韓国語(ハングル)の書き方と読み方

IVEのメンバーの韓国語(ハングル)での書き方をご紹介します。また、読み方についてはハングルの解説を交えてご紹介していきます。

メンバーの写真は肖像権などの関係から載せられず、文字だけとなってしまいますが、ぜひハングルワールドに触れていただき、韓国語に興味を持ってください!!

○유진(ユジ)さん
IVEのリーダーですね。IZ*ONEの元メンバーです。

1文字目유 : あ行を表すㅇが上に、ユ段を表すㅠが下に来ていて「ユ」と読みます。韓国語ではユも母音です。
2文字目진 : ちゃ行を表すㅈが左上に、イ段を表すㅣが右上に来ています。さらにその下に、な行を表すパッチムㄴ(ン)が来ています。「チ」と読みそうですが、韓国語の子音ㄱㄷㅂㅈが単語の途中に来た場合は濁音化して読むことが多いので、「ジ」と読みます。

また、パッチム部分は少し控えめに読むため、「ン」を小さく書いています。

○가을(カウ)さん
一番年上のメンバーですね。ラッパー担当です。

1文字目가 : か行を表すㄱが左に、ア段を表すㅏが右に来ていて「カ」と読みます。
2文字目을 : あ行を表すㅇが上に、ウ段を表すㅡが中段に、ら行を表すㄹがパッチムに来ていて「ウ」と読みます。

○레이(レイ)さん
日本人の方です。ボーカルとラッパーをされています。

1文字目레 : ら行を表すㄹが左側に、エ段を表すㅔが右側に来ていて「レ」と読みます。
2文字目이 : あ行を表すㅇが左に、イ段を表すㅣが右に来ていて「イ」と読みます

○원영(ウォニョ)さん
IZ*ONEの元メンバーです。ボーカルを担当されています。

1文字目원 : あ行を表すㅇが左上に、ウォ段を表すㅝが中段〜右上に渡ってついています。さらに、な行を表すパッチムㄴがその下に来ていて「ウォ」と読みます。ウォも韓国語では母音です。
2文字目영 : あ行を表すㅇが左上に、ヨ段を表すㅕが右上に、あ行を表すㅇがパッチムに来ています。ㅇがパッチムに来たときは「ン」の発音になるため「ヨ」と読みます。

したがって원영は「ウォ」と読みそうですが、3文字目のンと4文字目のヨが合わさってニョという読み方になります。これを連音化といいます。つまり、「ウォニョ」と読むことになります。

○리즈(リジュ)さん
ボーカルを担当されています。少女時代のテヨンさんが2017年12月にリリースした曲(This Christmas)のミュージックビデオに出演された方です。

1文字目리 : ら行を表すㄹが左に、イ段を表すㅣが右に来ていて「リ」と読みます。
2文字目즈 : ちゃ行を表すㅈが上に、ウ段を表すㅡが下に来ていて「チュ」と読みます。ただ、유진(ユジン)さんのときと同様に、ㅈが途中に来ていますので濁音化し、「ジュ」と読みます。

ここで補足ですが、리즈さんはアルファベット表記ではLIZで、カタカナで書くとリズです。韓国語はZの発音が苦手で、特に「ズ」は発音ができません。ですので、ハングルでは最も近い즈としてジュと読むのが一般的です。

○이서(イソ)さん
ボーカルを担当されています。IVEの中で最年少のメンバーです。

1文字目이 : あ行を表すㅇが左に、イ段を表すㅣが右に来ていて「イ」と読みます。
2文字目서 : さ行を表すㅅが左に、オ段を表すㅓが右に来ていて「ソ」と読みます。

육인조(ユギンチョ)の意味

さて、ここで当記事の最初の図に書いてある「육인조(ユギンチョ)」の意味をご紹介します。3文字から成っていますが、それぞれ意味があります。

육はユと読み、意味は「6」です。
인はイと読み、意味は「人」です。
조はチョと読み、意味は「組」です。

上記をつなげると6人組ですね!

6の部分を変えるだけで何人組でも使うことができます。例えば4人組を考えてみると、4は사(サ)なので、사인조(サインチョ)となります。

広告

デビューシングルアルバム「ELEVEN」のタイトル曲『ELEVEN』

2021年12月1日にリリースされたのがELEVENです。

韓国ではデビュー曲、という言い方はあまりせず、デビューしたときにリリースしたアルバム名を書くことが多いです。

また、シングル、という言い方はあまりしません。2曲以上収録曲があるのであれば、シングルアルバムとすることが多いです。IVEのデビューシングルアルバムELEVENは2曲収録です。

ELEVENはメンバーの多彩さを表現したすごく明るい曲です。虹(=カラフル)を連想させ、IVEが歩んでいくであろう華やかな道が想像される楽曲です!!

歌詞の意味や読み方などを下記の記事でご紹介しています。

広告

ただ明るいわけでもなく暗いわけでもない、不思議な魅力の2枚目のシングルアルバムタイトル曲『LOVE DIVE』

2022年4月5日にリリースされたのが、2枚目のシングルアルバムのタイトル曲LOVE DIVEです。

THE ラヴソングで、恋に向かって飛び込もうよ!!ということがメッセージとして伝わってくるのですが、ただ明るいという曲ではないのがすごく印象的な曲です。

かといって暗い曲でもなく、不思議な魅力を放つすごく素敵な曲です!

広告

真っ直ぐな女性の恋心を歌った3枚目のシングルアルバムの『After LIKE』

2022年8月22日にリリースされたのがAfter LIKEです。2曲収録で、アルバム名と同一の名前のAfter LIKEという曲が収録されています。タイトル曲との記載は公式ページにはありませんが、タイトル曲と考えて良いでしょう。

ストレートな恋心を歌った歌詞が特徴的で、一途な女性がイメージされます。アップテンポの曲なので軽快感もあり、ポジティブになれる曲です。

言葉遊びや比喩的な表現も少ないため、韓国語の勉強にもすごくよい曲です!!

韓国語はルールを覚えてしまえば簡単に読めます

さて、IVEの新曲を紹介した記事へのリンク、メンバーの韓国語(ハングル)での書き方やその読み方について解説しました。

ハングルの読み方は、解説に示した通り、何行(あ行やか行など)のものが使われているか、何段(ウ段やエ段)のものが使われているか、パッチムがあるかないか、で読み方が決まります。

ハングルの読み方に関しては下記の記事でより詳しく解説していますのでぜひご覧ください。

音楽配信サービスを使えば快適にK-POPが聞けます

K-POPを通学や通勤中に聞かれている方は多いことでしょう。

音楽配信サービス(サブスクリプションサービス)では、ハングルの歌詞の表示に対応している曲も多いため、どこでも歌詞を追いながら聞くことができるようになります。

下記でいろいろ使ってみたときの体験談を記事にしておりますので、利用を検討されている方は参考にしてください!

さいごまでお読みいただきありがとうございました!

広告