楽天ミュージックの評判、コスパをK-POPを聞いて検証!

2020-11-09K-POPの歌詞から韓国語を学ぶ!K-pop,スマホを使った勉強,韓国語

定額の音楽配信サービスの1つである楽天ミュージックを使ってみました。メリットやデメリットをご紹介すると共に、評判やコスパについて考えてみましたので記事にさせていただきます。

今、定額の音楽配信サービス(サブスクリプリションサービス)が普及してきており、サービスを提供する会社も多くあります。サービスを提供する会社が増えると選択肢が増えるので嬉しい反面、どれを選ぶべきか迷いますね。

当記事では、韓国語版のK-POPを聞こうと楽天ミュージックを使ってみた感想も書きつつ、別サービスとの比較もちょこちょこ書いております。サブスクリプリションサービスについてお調べの方、K-POPを韓国語版で聞きたい方に参考になる記事です。

*本記事はすべて読むと約12分かかります。下記緑枠の目次より読みたい箇所へお進みください。

広告

楽天ミュージックの料金とキャンペーン

楽天ミュージックの価格は2020年10月時点では下記の通りです。音楽の定額配信サービスは競争か激しくなっているので今後変わる可能性は十分にあります。

切れている場合は横にスクロールできます。

楽天ミュージックのプランと料金
プラン料金
スタンダードプラン980円(楽天ペイの場合)
ライトプラン※1500円(楽天ペイの場合)

※1 ライトプランは支払いが楽天ペイの場合のみ契約できるようです

スタンダードプランは楽天ペイ以外の支払い方法もありますが、若干価格が高くなります。ちなみにこの価格は税込みです。

各社のサービスが安定化してきた感はありますが、このあたりの料金は今後変わる可能性があります。下記が料金プランを説明したページになりますので、ご購入の際は最新情報を確認されることをおすすめします。
楽天ミュージックの料金プラン

キャンペーンに関しては下記のようなものをやっていますが、これもよく変わります。

  • SONOS「Move」を抽選で3名にプレゼント
  • ママ割(お試し期間完了後継続利用で200ポイント)
  • 楽天ブックスで使える300円OFFクーポン
  • 楽天カード会員特典(お試し期間完了後継続利用で200ポイント)

ご利用予定の方はこちらも最新情報をチェックしましょう!
楽天ミュージックのキャンペーン

楽天ミュージックのメリット

楽天は手広くサービスを展開していて、評判が良いものも多くありますね。でも楽天ミュージックのみの評判やアプリの使い勝手を確かめた記事は少ないようです。また、実際のコスパなんかはどうなんでしょうか?

ここからは実際にこのブログの運営者が使ってみての感想などをご紹介します。まずはメリットから行きましょう!

当ブログはK-POPを使って韓国語の勉強をする方や、K-POPを理解するために韓国語を勉強する方を応援しているため、K-POPを聞くのに適しているか、という視点も入れております。
まずは感じたメリットを並べてみます。

☆サービスに関するメリット

  • 支払いに楽天ポイントが使える
  • プランが2つのみでわかりやすい
  • 国内発祥のサービスで(たぶん)国内の楽曲に強い

☆アプリに関するメリット

  • 音楽を聞くだけで楽天ポイントが貯まる
  • オフライン設定がわかりやすい

詳細はのちほど……………

広告

楽天ミュージックのデメリット

続いて楽天ミュージックのデメリットをあげてみましょう。

★サービスに関するデメリット

  • キャンペーンに気づかないorエントリーし忘れの場合がある
  • 家族プランみたいなおまとめプランがない
  • 学生プランがない
  • お試し期間が30日しかない

★アプリに関するデメリット

  • 歌詞表示だけ。追従はしない(K-POPで確認)
  • 少し画面遷移すると毎回読み込み状態になる
  • ハングル表記のアルバムが検索で出ない時がある

楽天ミュージックの評判を確かめてみた

上記メリットとデメリットを考えつつ、楽天ミュージックの評判の検証結果と感想を書いておきます。感じ方には個人差がありますので悪しからず(笑)

楽天ミュージックの評判について、先入観を入れたくなかったので、ネット等の情報をあまり見ずに記事を書いておりますが、肯定的な意見が多かったように思います。

使ってみた感想としては、使いやすく、迷うことはあまりない、という感じです。ご自身の好きな曲を集めたプレイリストなんかも迷わず作れると思います。スタンダードプランは広告も出ません。

が、個人的には「好きでもなく嫌いでもなくまあまあ」です。デメリットのところに書かせていただいたもののうち、サービスに関するものの4点目「お試し期間が30日しかない」、アプリに関するものの2点目「(オフライン設定しても)少し画面遷移すると毎回読み込み状態になる」が個人的にネックだからです。

同じ音楽配信サービスでももっとお試し期間が長いところがあります。例えばSpotifyは3ヶ月、ラインミュージックも3ヶ月、アマゾンミュージック unlimitedは2020年10月14日まで4ヶ月99円(99円×4ヶ月か99円で4ヶ月かのどっちかうろ覚え……)でした。楽天ミュージックはポイントが貯まりやすい分、こういった期間延長はやらない印象です。30日だと使い慣れる前に終わるので機能を存分に試せないんですよね。

また、2つ目のネックとして次のものがあります。毎日通勤で音楽を聞いたり語学試験のための勉強をしているのですが、調べもののために楽天ミュージックを立ち上げたままブラウザなどの別アプリをいじります。そのあと楽天ミュージックアプリに戻ると毎回下記のような画面になります。

楽天ミュージック読み込み画面
楽天ミュージック読み込み画面

読み込み時には真ん中の赤いクルクルが回ります。間違えてホーム画面に戻ってしまっただけでもいちいちクルクル回ります。

オフライン設定※2をしていないならまだわかります。なんらかの通信が必要かもしれませんからね。でもオフライン設定をして音楽データを端末に保存しているのにいちいち何かを読み込むのを待つのがストレスでした。

また、シャッフル再生をしているときに、曲と曲の間が長いときもありました。アプリが重いのかもしれません。スマホの処理能力が足りないのかもしれませんが…
このあたり改善されるといいですね!

※2 オフライン設定とは、通信量を抑えるために事前にWi-Fiなどで楽曲データをダウンロードしておくことで、外出先でも通信せずに音楽が楽しめる機能を指します。

少し辛口になってしまいましたが、もちろんメリットも多いです。個人的に特にうれしかったのは、楽天ポイントが貯まること、支払いに楽天ポイントが使えることです。支払いには最大500ポイントが使えますし、ポイントミッションで毎月約150ポイント獲得できます。なので毎月500ポイントを充当できるのであれば、実質330円の出費で楽天ミュージックを使うことができます。

ポイントミッションはマイページ(下記)から確認することができます。

楽天ミュージックのポイントミッションへの入口
楽天ミュージックのポイントミッションへの入口

右上に、丸印のなかに「P」があるマークがありますね(青四角部分です)。ここに楽天ポイント関係の設定(楽天リワード)が入っています。この画像のようにマークの右上に赤丸が表示されている場合はポイントの獲得待ちがあることを表しています。

さて、楽天リワードの中のミッションを見てみましょう。

楽天ミュージックのポイントミッション
楽天ミュージックのポイントミッション

合計5つのミッションがあります。一番上と一番下が注目ポイントです。

一番上は、1日10曲を聞くと5ポイント獲得、それを30日間継続できるので、お試し期間中に150ポイント獲得できることになります。

一番下は入会から31日目以降、つまりお試し期間完了後に1日10曲聞くと5ポイント獲得できる、ということです。ですので毎月ほぼ150ポイント獲得できます(ミッションは今後変わる可能性はありますが)。利用料が月980円なのでかなり太っ腹なサービスです(笑)。割合にすると15%以上の還元ですからね。

なので楽天の会員であれば検討の価値アリです!

このブログの運営者の場合は楽天ポイントの使い道が他にある&先ほど書いた2つのデメリットにより総合的にまあまあ、という評判になりました。

広告

楽天ミュージックのコスパは?

楽天ミュージックのコスパを考えてみましょう。

以前Spotifyを使ってK-POPを聞いていました。Spotifyのようにポイント連携の無いサービスと比べると、支払いのポイント利用やアプリ使用によるポイントゲットがあるのでコスパは非常に高いと言えるでしょう!

同じくポイント利用&獲得が可能なラインミュージック、プライム会員だと利用料が安くなるアマゾンミュージックと比べる場合はどのポイントを使っているか、ご自身がプライム会員かを考えて総合的に判断されるとよいと思います。

ちなみにラインは、ポイントクラブのグレードが一番上のプラチナの場合でラインミュージック利用料の15%還元です。言い換えるとプラチナで楽天ミュージックとほぼ同等ということです。

アマゾンミュージックは個人プラン980円/月がプライム会員で200円オフです。20%以上の割引ですね。とは言えプライム会員は年会費を払うので単純比較は難しいですね。すでにプライム会員で音楽配信サービスを使いたい!という方はアマゾンミュージックの方がコスパは高いかもしれません。

ちなみにSpotifyを使ってK-POPを聞いてみての感想、アプリの使い方などを下記の記事でご紹介しています。Spotifyをご検討されている方に参考になります!

Spotifyを使ってK-POPを聞いた感想などについて書いています!

楽天ミュージックのメリット詳細

楽天ミュージックの概要についてここまでご紹介してきました。お次は上で紹介しきれなかったメリットをご紹介します。

プランが2つのみでわかりやすい、というのは他のサービスと比べるとメリットです。スタンダードプランとライトプランしかないですからね!たくさん使いたいならスタンダード!月20時間以内ならライト!わかりやすいですね。

他社のサービスだと家族プランとかカップルプランとか学生プランとかがあります。社会人であればサービスやプランを比較するのも手間ですからね。わかりやすさは重要なポイントです!

一方で学生さんであれば学生プランを提供しているサービスがありますから、そちらを検討されるのもよいかと思います。

このブログの運営者はK-POPを韓国語版で聞くために音楽配信サービスを利用している少し変わり者です(笑)。K-POPの日本語版もありますが全く聞きません(笑)。後術しますが、楽天ミュージックでK-POPを聞くときには少し不便な面があります(楽天ミュージック以外でもこの不便さはあるのですが)。

でもJ-POPなど日本の曲を聞かれる場合は不便な点は特に無いでしょう。安心の日本のサービスですからね!これもメリットだと言えます。

その他のメリットとしてはオフライン設定がわかりやすいというのもあります。今は格安スマホ、格安通信料を利用されている方も多いでしょうから、通信を気にせずに使いたい!というニーズは高いと思われます。このブログの運営者もそのうちの一人です。

楽天ミュージックはマイページにデカデカとオフライン設定のON/OFFが出ますので通信を気にする人には安心の機能があります。これはありがたいです↓

楽天ミュージックのオフライン設定On/Off切替
楽天ミュージックのオフライン設定On/Off切替

楽天ミュージックのデメリット詳細

デメリットも追加でご紹介します。ツラツラとマニアックなことを書いていきますので、ご興味のある方のみご覧ください(笑)。

楽天ミュージックに限らず楽天のサービスはエントリー制であることが多いです。事後エントリーが有効な場合も多くあり、それはありがたいのですが、そもそもキャンペーンに気づかないとアウトです。キャンペーン終了後に気づいてしまうのが一番ショックなので、利用開始時にキャンペーンをチェックする、という手間がかかります。これはデメリットかと。

気にならない方にはデメリットにはなりません。

また、先ほどメリットとしてプランが2つだけでわかりやすい!とお伝えしました。でも家族でまとめて安くしたい!学生プランを使いたい!という場合は楽天ミュージックは不向きです。6人で1500円くらいの家族プランが用意されているサービスもありますし、学生プランで通常の利用料の半額くらい、なんてプランを提供しているサービスもあります。

続いてさらにマニアックな視点としてK-POPを韓国語版で聞くときのデメリットを書いていきます。

K-POPを歌詞追従で聞いていくと韓国語のよい訓練になります。が、楽天ミュージックは歌詞表示はできますが、歌詞の追従はできません。歌詞は下記のような画面で確認できますが、今どこを歌っているのかはわかりません。韓国語に少し慣れていないとどこを歌っているのか把握するのは難しいかもしれません。また、歌詞の表示は手動でスクロールしなければなりません。

楽天ミュージックの歌詞表示機能
楽天ミュージックの歌詞表示機能

ちなみにSpotifyは歌詞表示に加え、歌詞追従も対応していました。歌詞に追従するのでどこを歌っているのかわかりますし、自動でスクロールもしてくれます。

あと、韓国語の検索には制限があります。例えばBTS(防弾少年団、방탄소년단)のアルバムに화양연화(ファヤンヨンファと読みます)という有名なアルバムがあります。これを検索すると下記のものしか出てきません。

楽天ミュージックにおける화양연화検索画面
楽天ミュージックにおける화양연화検索画面

ちゃんと検索をかけたいときは「花様年華」や「Young Forever」など韓国語以外のタイトルで検索しないと出てきてくれない場合があります。例えばYoung Foreverで検索すると下記のようになります。これが欲しかった検索結果です。

楽天ミュージックにおけるYoung Forever検索画面
楽天ミュージックにおけるYoung Forever検索画面

日本にいて韓国語でわざわざ検索する人は少数でしょうから韓国語には対応していないのでしょう。Spotifyでもそうでした。改善されると嬉しいです。

ここまで楽天ミュージックの評判はどうなのか、コスパはどうなのかについて、メリットやデメリットを交えてお伝えしました。音楽配信サービスを選ぶ際の参考になると嬉しいです!

当ブログではK-POPの韓国語&英語歌詞の読み方や意味(日本語訳)を下記でご紹介しています。TOPIK(韓国語能力試験) 6級、TOEIC 970点取得者の和訳ですので参考になる部分があると思います!音楽配信アプリと当ブログの歌詞和訳を駆使して素敵なK-POPライフを!

さいごまでお読みいただきありがとうございました!

広告